今さら○○的な

旬な情報ではないかもだけど、今改めて書き起こしてみる

毛詰まりごっそりパイプ職人は洗濯機も救う!【コジット 毛づまりごっそりパイプ職人スリム】

 ども。mhspltnです。皆さんの洗濯機は縦型ですか?ドラム型ですか?ドラム型を使っている方、乾燥フィルター周りの掃除って大変じゃないですか?

 

 僕の家の洗濯機は日立製のドラム型洗濯機です。

 

f:id:mhspltn:20171212221028j:plain

 乾燥フィルターは毎回の洗濯後に掃除しているんですけど、何回か洗濯すると乾燥フィルター部周辺のホコリ掃除を促すメッセージが出て音声案内があります。その時は、乾燥フィルターを外して出てきた空洞(写真右上部分)の中を掃除機で吸い込む必要があります。

 

f:id:mhspltn:20171212221148j:plain

 乾燥フィルター部周辺の掃除は、このようなノズルアタッチメントを掃除機につけてやります。でも、僕の家の掃除機はこのアタッチメントが上手くはまらないんです。

 まったくくっつかないわけではないんですけど、そのまま掃除機につけると洗濯機の乾燥フィルター部周辺のホコリをとるのにノズルが空洞の奥まで届かなくなってしまうんです。

 

f:id:mhspltn:20171212221156j:plain

 乾燥フィルター部周辺の掃除をサボると、乾燥モード時に仕上がりが生乾きになったりします。だからホコリ取りは洗濯機のためだけじゃなく、洗濯して気持ちよく仕上がった服を着る自分たちのための作業でもあるのです。

 とゆーことで、少しでも空洞の奥のホコリを掃除機で吸い取れるように、このようなアタッチメントを100円均一で買ってきて装着しています。

 

f:id:mhspltn:20171212221208j:plain

 こんな感じ。これで掃除機に装着ができます。このひと手間で空洞の奥にノズルが入るかどうかが決まるんです。掃除機がPanasonic製だからパナと日立で相性が悪いのか、たまたま僕の掃除機にはまらないだけなのか…

 

f:id:mhspltn:20171212221220j:plain

 ね。日立のドラム型洗濯機をお使いの皆さんは、こんな感じでしょっちゅう掃除してますよね?(僕の家が洗濯機を一日に何回も使ってるからかも)

 

 そこで本日のタイトルにもなっている「毛詰まりごっそりパイプ職人」の登場です。

 毛詰まりごっそりというタイトルという名前から、感の良い皆さんはお気付きだとおもいますが、こいつでホコリを絡め取ります。

 

f:id:mhspltn:20171212220933j:plain

 

※なんも考えずに開封して使ってしまった後に気付いて慌てて撮影しました

 下の「太」と書いてある方のブラシを使います。

 

f:id:mhspltn:20171212220946j:plain

 まずはワイヤーをまっすぐ伸ばしてから…

 

f:id:mhspltn:20171212221009j:plain

 乾燥フィルター部周辺の空洞に突っ込みます。え?なんかパイプ職人が写ってる?いやいや、パイプ職人ってのは商品名の一部分であって職業のことを言ってるんじゃないんですって。

 

f:id:mhspltn:20171212221104j:plain

 パイプ職人を突っ込んだ後にどうなったか確認してみると、ブラシ部分にホコリが絡まっています。パイプ職人を抜いて取れ具合を確認する度にブラシからホコリを落としながら、空洞の奥のホコリを絡め取ります。

 

f:id:mhspltn:20171212221133j:plain

 ちゃちゃっとやってもこんな感じでホコリが取れます。掃除機の吸引ぐらいじゃ取れないホコリも絡め取ってくれてる感じです。

  ※毛詰まりごっそりパイプ職人にぬいぐるみは付属しません

 

f:id:mhspltn:20171212221220j:plain

 でも結局掃除機は使わないと、パイプ職人では絡め取れない部分のホコリ取りができないんです。絡め取れない小さなホコリは掃除機で吸ってあげましょう。

 

 掃除機だけでは取れそうにない、ちょっと固まったホコリを絡め取ってくれるこの「毛詰まりごっそりパイプ職人」は、他にも洗濯物を投入するドアのパッキン裏のホコリを絡め取ったりできるので、(ここにホコリがたまるのは日立だけ??)ホントに掃除が楽になります。

 

 乾燥機能が付いた洗濯機は、糸くずやホコリをキチンと除去しておかないと乾燥性能に影響が出るので定期的にこいつでごっそり絡め取ってあげるのをおススメします。あ、商品にぬいぐるみは付いてこないですよ。

 

 ではでは。